DOCTOR

ドクター紹介

LOCHIC CLINIC GINZA 院長

小野 准平

JUMPEI ONO

『美容である前に、医療である』

これがLOCHIC CLINIC GINZAの理念です。
クリニック名の由来は、僕が好きな言葉である『医学とはScience(科学)とArt(芸術)である。他の人々の人生を幸せにする医業は、単なる手仕事ではなくArtである。』
(ウィリアム・オスラー)をオマージュし、『Logic(論理)』と『Chic(シック、上品さ)』を合わせた造語です。
美容医療は『美容』の側面が先行しがちですが、扱うものは人体であり、その目的と行為は人生を幸せにする『医療』であることを忘れてはいけません。
僕の専門の一つである『豊胸術』も『豊か』にするのは『胸』だけでなく、その人の『人生』であると考えています。
『なりたい自分になる』『歩みたい人生を歩む』ためのお手伝いを、形成外科学を基礎として培ってきた美容医療でご提供できれば幸いです。

LOCHIC CLINIC GINZA 院長

小野 准平

■ 経歴

  • 2000年

    鹿児島ラ・サール高等学校卒業

  • 2006年

    東京医科歯科大学 医学部 医学科 卒業

  • 2008年

    臨床初期研修修了後、北里大学 形成外科・美容外科学 入局
    形成外科全般ならび乳腺外科、消化器外科、整形外科、救命救急センターでも研鑽を積み、日本形成外科学会 専門医 取得後、北里研究所病院・美容医学センターを経て

  • 2014年

    東京美容外科 勤務

  • 2016年

    東京美容外科 新宿院院長 
    2000件に及ぶ豊胸手術(デュアルプレーン豊胸、ハイブリッド豊胸等)を行うとともに、独自に開発した豊胸手術の術式を、日本美容外科学会での講演や、医学雑誌への論文執筆を通じて発表している。
    鼻整形に関しても、国内外での学会発表や教科書の翻訳・執筆などの学術活動の他、多数メディア出演を通じて、日本における美容医療の普及に尽力してきた。

  • 2022年

    LOCHIC CLINIC GINZA 開院

■ 所属学会

  • ・ 日本形成外科学会
  • ・ 日本美容外科学会(JSAPS)
  • ・ 日本美容外科学会(JSAS)

■ 学会活動

  • 2017年

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会にて発表『我々が考える鼻形成術』
    第40回日本美容外科学会総会(JSAPS)にて発表
    『我々が考える整鼻術時の鼻尖形成法』
    PRS KOREA(韓国形成外科学会総会)にて最年少海外招待講演演者として発表『How to control nasal length in my practice』

  • 2019年

    第107回日本美容外科学会総会(JSAS)にて発表
    『道に迷わない二重切開術』

  • 2020年

    Seoul Rhinoplasty Forum(韓国の鼻整形学会)にて発表
    『Recent surgical trends of rhinoplasty in Japan』

  • 2021年

    第109回日本美容外科学会総会(JSAS)にて発表
    『鼻尖形成術で鼻尖位置はどこまで移動可能か』

    第40回日本美容外科学会総会(JSAPS)にて発表
    『豊胸手術におけるエクスパレル使用例』

■ 著書・論文等

  • 2017年

    Jaeyong Jeong『鼻形成術』日本語版翻訳・校閲

  • 2021年

    医学誌『形成外科』次世代美容外科の最前線
    『直視下デュアルプレーン法による乳房増大術』

■ メディア

フジテレビ『ホンマでっか!?TV』
日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』 他
映画『彼女』医療監修  
他、雑誌取材・コラム多数
(上記はすべて前職、東京美容外科新宿院院長としての出演)