存在感のない鼻


をつくる整鼻術


という概念

国内外の学会で多数の発表実績、他院修正
を多く行うスペシャリストによる鼻整形

先生写真

長年、小野准平院長が学術的に取り組んできた鼻整形は、当時まだ『矢印鼻』『外人鼻』が人気だった頃より一貫して『存在感のない鼻』を作る『整鼻術』という概念を提唱し続け、様々な手術方法を国内外の学会で発表してきました。『美人の鼻には存在感がない』『忘れ鼻』という言葉もあります。将来もずっと顔の中心にある鼻だからこそ、今流行りの鼻だけでなく、普遍的な美しさを提案し続けています。

LOCHIC CLINIC GINZAの鼻整形

顔全体のバランスを考え
自然で洗練された鼻を提案します

顔の中心にある『鼻』は、その高さや形が顔全体の印象に与える影響は非常に大きく、わずかな変化でも顔の印象は大きく変わります。
そのため、『高すぎる』『細すぎる』などのちょっとした不自然さも目立ちやすい部位です。また、鼻だけの形ではなく、おでこや顎・フェイスラインとの調和も大切です。正面からみた鼻の高さの印象と、横顔の印象も異なることがあります。専門の医師と輪郭などの顔全体のバランスも含めてしっかりと相談して決めましょう。

LOCHIC CLINIC GINZAの鼻整形

手術の約半数は他院修正

他院の治療で満足がいく結果が得られなかった方にも多く選ばれているのも特徴です。
しかし、鼻手術は初回手術が最も重要です。修正手術は過去の手術による影響(瘢痕という硬い組織ができる)や、採取できる軟骨も限られるため最初のクリニック選びがとても重要です。

LOCHIC CLINIC GINZAの鼻整形

骨格や鼻先の形に合わせた
オーダーメイド手術

ロシッククリニック銀座の
オーダーメイド隆鼻術

LOCHIC CLINIC GINZAでは『I型プロテーゼ』だけでも高さ、鼻の骨の太さやカーブに合わせた形を20種類以上取り揃えています。患者様の鼻の形や骨格と、希望の高さから最適なシリコンプロテーゼを選択して、手術中に鼻先の形などに合わせて加工するオーダーメイド手術です。(特殊な骨格の方などには3DCTスキャンより作成した患者様の頭蓋骨モデルから作成するフルオーダー・プロテーゼを用いることがあります。)
また『真皮脂肪移植』と『肋軟骨・筋膜移植』といった『自家組織』のみを使った隆鼻術も可能です。

LOCHIC CLINIC GINZAの鼻整形

国内外の学会で多数発表してきた、
鼻先の動きまで自然な『鼻尖形成術』

小野准平院長が長年日本の美容外科学会や韓国の鼻専門の学会などで提唱し続けてきた『鼻尖形成術』は、それまで鼻先の軟骨をむやみに切除したりして小さくしてきた術式とは異なり、『美しい鼻』の軟骨の解剖学的特徴を三次元的に再現する方法です。
軟骨を極力温存する各種『ドーマルスーチャー法』や『ストラット法』、軟骨を動かす際の抵抗を減らして自然な形の形成と、『後戻り』を予防する『リガメント(靭帯)剥離』は現在では国内でも広まりつつあります。

LOCHIC CLINIC GINZAの鼻整形

『希望の鼻の形と、解剖学的要素から
最適な材料を選択する鼻中隔延長術』

ロシッククリニック銀座の『鼻中隔延長術』は安易に人工材料は使わず、すべて自家組織を用いて行います。『耳介軟骨』『鼻中隔軟骨』『肋軟骨』の中から患者様の希望と、元の軟骨の大きさや強度、鼻の皮膚の厚みなどを総合的に判断して、使用する軟骨を選択・ご提案します。必要に応じて複数の軟骨を組み合わせることも行います。

小野准平院長の鼻整形の学会活動等

  • 2017

    第60回日本形成外科学会総会・学術集会にて発表
    『我々が考える鼻形成術』

    第40回日本美容外科学会総会(JSAPS)にて発表
    『我々が考える整鼻術時の鼻尖形成法』

    PRS KOREA(韓国形成外科学会総会)にて最年少海外招待講演演者として発表
    『How to control nasal length in my practice』

  • 2018

    第61回日本形成外科学会総会・学術集会にて発表
    『Rifinement rhinoplasty(整鼻術)としての鼻形成法』

    第41回日本美容外科学会総会(JSAPS)にて発表
    『L-strut independent type軟骨移植を用いた鼻尖手術のpitfalls』

  • 2020

    Seoul Rhinoplasty Forum(韓国の鼻整形学会)
    にて発表
    『Recent surgical trends of rhinoplasty in Japan』

  • 2021

    第109回日本美容外科学会総会(JSAS)
    にて発表
    『鼻尖形成術で鼻尖位置はどこまで移動可能か』

著書・論文等

2017

Jaeyong Jeong『鼻形成術』日本語版翻訳・校閲